貸切バスを少しでも安く借りる方法

貸切バスで旅行をしたり、遠方への送迎に利用しようとする時、少しでも料金を安くしたいと思うのは当たり前の事です。
貸切バスの新運賃、新料金制度が施行されてからは、複数のバス会社に見積もりを取ったとしても、そんなに料金に変わりはなくなってきました。

そこで、こちらの利用方法を気を付ければバスを安く貸切る事が出来るのです。

まずは日程です。予約の多い土日は価格が上がりますので、平日に利用すれば料金は下がります。利用時間も大切なポイントになります。
バスの深夜、早朝の運行には料金が加算されますので、日中にバスの移動をするプランにすると良いでしょう。

9時間以上の移動時間になると運転手の交代や仮眠が必要になり、仮眠施設の料金が発生しますので、8時間以内の移動時間の方が安くなります。そして、宿泊するのであれば、バスを1度返却すると、高速料金や走行距離がまたかかってしまいますので、運転手の宿泊代を払う方が安く利用できます。

貸切バスの料金は、会社を出発してから会社に戻るまでの時間で計算されますので、自分達の出発地や到着地から近いバス会社の方が貸切る時間が短くなりますので、その点も注意しましょう。

これらに注意して予定を立てると、少しでも安くバスを貸切ることができますので、ぜひお試し下さい。